Deutschland-Lab

歴史や文化、スポーツなどドイツに関する情報まとめサイト

黒澤明監督の幻の映画「トラ、トラ、トラ!」

f:id:novaluewriter:20201209130510j:plain

 

 

 

1970年に公開された戦争映画「トラ、トラ、トラ!」は海戦を描いた戦争映画としては傑作であるが、1967年にハリウッドの映画会社は日本側の描写を黒澤明にお願いしていた。

 

 

昨日は真珠湾攻撃があった日で、日本が第二次世界大戦に参戦してから79年目の日だった。真珠湾攻撃については、「なぜ、宣戦布告が真珠湾攻撃の2時間後になってしまったのか?」、「日本海軍は旧式戦艦を沈めただけで、最も重要な目標である空母を沈められなかった」、「アメリカ政府は本当は日本軍が攻撃してくることを、事前に知っていたのではないか?」などの色んな議論がある。

 

写真上は1970年に公開された映画「トラ、トラ、トラ!」のポスター。有名な映画評論家は、「戦争映画の最高傑作は『史上最大の作戦』であるが、海戦を描いた映画では『トラ、トラ、トラ!』だろう」と映画評論の本に書いていた。

 

 

しかし、黒澤監督は真珠湾攻撃のシーン以外にも、日本軍が真珠湾攻撃を行った頃に同盟国のナチスドイツ軍は東部戦線で敗北していたとか、日本がなぜ米英と開戦したのかという過程を詳しく描こうとして、ハリウッド映画会社と対立した。

 

 

今思えば、黒澤監督の構想、脚本による日米合作の「トラ、トラ、トラ!」が完成しなかったのが、本当に悔やまれる。黒澤脚本の作品はハリウッドサイドからの提案だが、大日本帝国側のシーンは黒澤が担当して、なるべく黒澤の要求どおりに仕上げる予定だったらしい。
 
僕のネット友達の人が黒澤脚本の一部を紹介していたが、それによると、真珠湾で日本軍爆撃機の攻撃に遭い、大破炎上する米戦艦の次のカットが、モスクワ直前でソ連軍の反抗に遭い、敗北を喫したドイツ軍のシーンで、猛吹雪の中、破壊されたドイツ軍戦車とドイツ兵の死体が映る予定になっていた。
 
さらに、山本五十六が連合艦隊司令長官に着任するオープニングシーンでは、山本と吉田善吾前司令長官を筆頭に、20人ほどの提督がクレジット(下に出る字幕)付きで紹介され、そのクレジットには、「南雲忠一・艦隊派」、「山口多聞・航空派」というふうに、誰が艦隊決戦派で、誰が航空決戦派であるかを明確に示す予定だったという。
 
そして、日独伊軍事同盟締結から真珠湾攻撃までを、日米政府間の交渉だけでなく、ドイツ政府とドイツ軍の快進撃にまでスポットを当てて描き、上映時間4時間近くという、ローマ帝国の興亡を描いた「クレオパトラ」と同じほどの長さの映画になる予定だったという。公開されている「トラ、トラ、トラ!」が140分の長さだから、それよりも100分ほど長いことになる。まさに、歴史、軍事マニアにとっては“神映画”になるハズだった。
 
 
だが、当然、ハリウッド側からクレームが付き、
「ただ、単に、真珠湾攻撃とそれに関係あるシーンだけを描いてもらいたいのに、モスクワ直前で敗北したドイツ軍のシーンとか、海軍大学校での机上演習の時に、艦隊派と航空派の提督が大激論をするシーンとか、ドイツとの軍事同盟を巡って、日本政府要人が会議をするシーンに20分もかけるとか、余計なシーンが多すぎる。これでは、全世界で大ヒットしないと、とても、資金が回収できない」
と言われてしまったという。
 
ところが黒澤は、
「大日本帝国が主義主張が多くの点で違うナチス・ドイツと軍事同盟を結び、その結果、ドイツ嫌いで開戦に反対していた山本五十六が、真珠湾奇襲をせざるを得なくなった。しかも、政府の致命的な判断ミスで、ドイツ軍がソ連軍に敗北しつつある時に開戦してしまった。なぜ、そのような大失敗が起こり、その結果多くの人が戦死することになったのかを、明確に映画の中で説明する必要がある」
と断言し、ハリウッド側とは妥協しない構えだった。
 
その黒澤の強硬さにハリウッド側は呆れてしまい、撮影開始からたった3週間で、黒澤を降板させてしまった。そして、代わりに、舛田利雄と深作欣二を起用し、黒澤脚本を大幅にカットして、やっと、撮影は軌道に乗ったという。

 

ウィキペディアの映画「「トラ、トラ、トラ!」の説明には、黒澤明対ハリウッド映画会社の対立の様子が詳しく描かれている。写真下は「黒澤明VSハリウッド」という本。

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

f:id:novaluewriter:20201209134936j:plain



 
 ハリウッド映画会社と対立して「トラ、トラ、トラ!」の監督から降ろされた黒澤は、後に自殺未遂事件を起こす。そして、自殺未遂事件後の黒澤監督の作品は事件前とはかなり変わっている。

 

 


ところが、これには、後日談があり、この後、黒澤はノイローゼ状態になり、監督降板から3年後には、黒澤明は自宅で自殺を図る。
「3年も熱中していた企画を突然打ち切られたら、監督は殺されるのと同じことだ。
と黒澤は語った。また、親しい人には、
「私の映画を理解してくれる人が、ハリウッドには誰もいないようだ。映画は芸術のハズなのに、ハリウッドの重役にとっては映画は単にビジネスなのだ」
など言って嘆いていたと言われている。
 
 
黒澤監督作品をよく知っている人が言うには、
「『トラ、トラ、トラ!』の降板劇による自殺未遂の前の作品と後の作品は、明らかに違っている。極端に言えば、まるで、別人が撮ったぐらいに違っている」
とのことだ。確かに「椿三十郎」(自殺未遂前)と影武者(自殺未遂後)では、かなり違っていると僕も思う。
 
 
まあ、黒澤監督が構想したように仕上がった「トラ、トラ、トラ!」を見たいと思うけど、現実的には無理だったのだろう。日独伊軍事同盟締結から、日本政府内部、陸海軍内部での政治家、軍人たちの対立を延々と描き、さらに、ドイツ軍のソ連侵攻までも描き、その上に、真珠湾攻撃まで描くとなると、途方もないお金がかかってしまっただろう。映画は確かに芸術だが、製作費した資金を回収できないのでは、映画会社は潰れてしまうから、ハリウッド側の主張にも一理はある。
 
 
ちなみに、日本では「トラ、トラ、トラ!」はかなりヒットしたが、アメリカではあまりヒットしなかったらしい。やはり、アメリカ側の政治家、軍人がちょっと間抜けで、逆に山本五十六を始めとする日本海軍の軍人がカッコよく描かれていたのが、米国民には不評だったようだ。アメリカでヒットする戦争映画は「トップガン」のような、「アメリカ軍人は常に正義の味方」というシナリオだけらしい。こういう映画を特にトランプと彼の支持者のようなアメリカ人が好む。でも、僕はこういう映画は好きではない。(苦笑)

 

 

一方で当然ながら同盟国だったドイツではこの映画は人気があり、1999年にホームステイをしたシュツットガルト近郊に住むH家の人たちもこの映画を見たことがあると言っていた。そして、主人のRさんは僕に「たしか、『トラ、トラ、トラ!』には何か意味がありましたね?」と質問してきた。「ティガー(ドイツ語で虎の意味)ですよ。でも、ドイツ軍の有名なティガー戦車とは関係ないですけどね」と僕が教えると、Rさんは頷いていた。