Deutschland-Lab

歴史や文化、スポーツなどドイツに関する情報まとめサイト

旅行

コブレンツ国防技術博物館に展示されていた兵器(2)

ドイツでも人気のある観光コースの一つ、「ライン川下り」の拠点都市であるコブレンツにある「国防技術博物館」の展示物を紹介する。ここの軍事博物館には戦車の展示は少ないが、大砲、機関銃、小火器などの展示は充実していた。第二次世界大戦の元同盟国へ…

コブレンツ国防技術博物館に展示されていた兵器(1)

ドイツでも人気のある観光コースの一つ、「ライン川下り」の拠点都市であるコブレンツにある「国防技術博物館」の展示物を紹介する。ここの軍事博物館には戦車の展示は少ないが、大砲、機関銃、小火器などの展示は充実していた。

ミュンヘンのドイツ博物館で、日本に住んだことがあるニュージーランド人夫妻に会った

ドイツのミュンヘンにあるドイツ博物館でニュージーランド人夫妻にあったが、彼らは日本の大阪で数年間英語を教えながら生活していたことがあった。彼らは2人とも日本の学校教育には否定的で、「地獄の大学入試といじものある日本の学校制度では、子育てを…

ワルシャワ軍事博物館に展示されてる航空機

ポーランドのワルシャワ軍事博物館に展示されている、ポーランド空軍が使用した航空機を紹介する。ソ連の傀儡だったポーランド共産党軍が使用した航空機なので、ソ連製の航空機ばかりである。

シンスハイム自動車技術博物館に展示されていた連合軍の兵器

前回のブログ記事ではドイツ北部にあるムンスター戦車博物館の連合軍兵器を紹介したが、今回の記事ではドイツ南西部にあるシンスハイム自動車技術博物館に展示されている、連合軍兵器を紹介する。

ムンスター戦車博物館に展示されていた連合軍の戦車

ドイツ北部にあるムンスター戦車博物館には、アメリカ軍、イギリス軍、ソ連軍などの連合軍の戦車と武器も展示されている。このブログ記事では、連合軍側の戦車を紹介する。

ドイツの戦車博物館で見たドイツ軍の勲章など

ドイツ北部にある「ムンスター戦車博物館」に行った時に、戦車だけでなくてナチスドイツ軍の勲章、軍服類も見たので、それらの写真をアップして紹介をする。ドイツ軍、第二次世界大戦に興味のある人にとっては、とても貴重な物ばかりである。

モノクル(片眼鏡)をかけたドイツ人のおばさんに会った!

モノクル(片眼鏡)を知ってるだろうか?眼窩(目のくぼみ)が深い白人だけが使える眼窩にはめ込む眼鏡である。日本人には恐らく「アルプスの少女ハイジ」に出てくる、冷たい家庭教師のロッテンマイヤーさんが使う眼鏡として知られているので、この眼鏡をか…

「ベルリン地下博物館」という廃墟博物館を訪れた(2)

2006年7月に「ベルリン地下博物館」を訪れて、第二次大戦時に使われた地下壕を見てきた。その時の様子をブログ記事に書いて説明する。(その2)

「ベルリン地下博物館」という廃墟博物館を訪れた(1)

2006年7月に「ベルリン地下博物館」を訪れて、第二次大戦時に使われた地下壕を見てきた。その時の様子をブログ記事に書いて説明する。(その1)

「バルジ大作戦」の激戦があったバストーニュの写真(2)

「バルジの戦い」として名高い激戦があった、ベルギーのアルデンヌ地方にあるバストーニュ市で撮影した写真を紹介する。この町はドイツ軍機甲部隊の司令官が米軍守備隊を包囲して降伏を勧めたが、米軍司令官は[Nuts]!(ふざけるな!)と回答して拒否したこと…

「バルジ大作戦」の激戦があったバストーニュの写真(1)

「バルジの戦い」として名高い激戦があった、ベルギーのアルデンヌ地方にあるバストーニュ市で撮影した写真を紹介する。この町はドイツ軍機甲部隊の司令官が米軍守備隊を包囲して降伏を勧めたが、米軍司令官は[Nuts]!(ふざけるな!)と回答して拒否したこと…

ヒトラー総統大本営のあったヴォルフスシャンツェの写真(2)

ポーランドのケントシンにある、ヴォルフスシャンツェ(”狼の巣”という意味のヒトラー総統大本営)の跡地を写真と共に紹介する。映画「ワルキューレ」でトム・クルーズが演ずるシュタウフェンベルク大佐が、ヒトラー暗殺のために爆弾を爆発させた跡地が、ヴ…

ヒトラー総統大本営のあったヴォルフスシャンツェの写真(1)

ポーランドのケントシンにある、ヴォルフスシャンツェ(”狼の巣”という意味のヒトラー総統大本営)の跡地を写真と共に紹介する。映画「ワルキューレ」でトム・クルーズが演ずるシュタウフェンベルク大佐が、ヒトラー暗殺のために爆弾を爆発させた跡地が、ヴ…

クリスマスにベルリンで嬉しいことがあった

1996年クリスマスにベルリンに兄と2人で旅行した時に、とても嬉しいことがあったので、その時の思い出を書いてみました。どういう嬉しいことなのかは、ブログを読めばわかります。

ドイツアルプスで会ったイタリア人家族

ドイツのヒトラー総統の山荘があったベルヒテスガーデンで、イタリア人家族に会って英語で楽しい会話をした。夫、妻、10代のかわいい娘という家族構成だった。主にイタリアサッカーの話と、イタリア映画の話をして、旦那さんは僕のイタリア映画の知識に驚い…

ポーランドのグジニアに展示されていた第二次大戦時の駆逐艦(その2)

説明は前のブログ記事と同じ。 このブログ記事では、第二次世界大戦で自由ポーランド海軍所属の駆逐艦として戦った「ブリスカビィカ」を紹介する。この艦は1939年9月1日にドイツ軍がポーランド攻撃を始める直前にイギリスに逃亡しており、その後はポーランド…

ポーランドのグジニアに展示されていた第二次大戦時の駆逐艦(その1)

このブログ記事では、第二次世界大戦で自由ポーランド海軍所属の駆逐艦として戦った「ブリスカビィカ」を紹介する。この艦は1939年9月1日にドイツ軍がポーランド攻撃を始める直前にイギリスに逃亡しており、その後はポーランド人がイギリスに樹立した自由ポ…

思春期の日本の若者とドイツ(ヨーロッパ)の若者の違い

日本は「恥の文化」の国なので、思春期になるとほといんどの男女は恥ずかしがりやになって、異性をすごく意識するし、年長者を嫌って同じ世代の若者だけと付き合うことが多い。でも、ドイツを始めヨーロッパの思春期の若者は、日本とは逆に社交的になって、…

ドイツで会ったエッチな女子中学生たち

ドイツのニュルンベルク鉄道博物館で、「ポルノ映画の歴史」という展示をずーっと見ている数人の女学生たちがいた。彼女らは全く恥ずかしいとは思っていなくて、周りの人たちも全く注意しなかったので、僕は日本の「恥の文化」はドイツにはないこと、「日本…

痴漢犯罪がほとんどない国、ドイツ

痴漢は日本の交通機関でよく起こる犯罪で、大きな社会問題になっている。一方でドイツを始めとするヨーロッパ諸国では、レイプなどの暴力性犯罪は多いものの、痴漢という犯罪はあまりない。[Chikan]は英語、ドイツ語にもなっている。

ドイツでのちょっとした笑い話(2)

ドイツ語の地名、人名、単語の中には日本語にすると、とんでもない意味の言葉がけっこうある。このブログでは僕が2006年7月にベルリンに旅行した時に聞いた、ちょっと変な地名を紹介する。

ドイツでのちょっとした笑い話(1)

旧東ドイツ地区にあるハレという街の小さなホテルに泊まった時に、ドイツ語で電話をして泊まったのだが、日本のホテルではあり得ないような失礼な対応をされた。外国のホテル予約、航空券手配などは日本ほどサービスがよくないので、注意する必要がある。

大型店の出店で地域の商店街が廃れることはヨーロッパでも起こっている

ドイツ、ポーランドなどの地方都市を訪れたことがあるが、そこで見たのは大型店が地域の買い物などの利益を独占しているという日本と全く同じ光景だった。ポーランドの地方都市では、ドイツ、フランス資本の大型店が地域の利益を独占しており、昔からの商店…

北原白秋は実はいうとナチズムを讃える歌を作詞していた?!

2019年3月に福岡県の柳川市へ観光で行った時、あらかじめ下調べをしていたので、北原白秋の博物館があることを知っていた。それで、白秋というと多くの牧歌的な詩で有名であるが、一方で晩年は軍国主義に共鳴しており、いくつかの軍歌、特にナチズムを礼賛す…

有能な作家で無能な軍医だった森鴎外

森鴎外の一般的な評価は「有能な作家、無能な軍医」と言われている。なぜ、鴎外はそのような評価をされているのかを、自分なりに調べてこのブログで説明をする。

日本人男性がドイツ人女性と結婚すると、彼のあだ名は「森鴎外」?

「日本人の男がドイツの女と付き合うか結婚すると、彼のあだ名は自動的に森鴎外になるんだ」と、数人のドイツ人友達に説明したことがある。これはの日本文学に詳しい人ならわかると思うが、森鴎外がドイツのベルリン留学時にエリスというドイツ人女性と恋仲…

ドイツの女子高生に「結婚してほしい」と言われた(2)

僕はドイツ人家族にホームステイしていた時に、16歳の女子高生から「結婚jそてほしい」と言われたが、結局、その子とは付き合わなかった。だが、ドイツの親は子供が恋人と交際する時には、全く干渉せずにむしろ応援することが多い。日本とドイツの恋愛観に…

ドイツ人の女子高生に「結婚してほしい」と言われた(1)

ドイツ語の勉強のために、シュツットガルト近郊の町に住むH家というドイツ人家族にホームステイをしていた時に、H家の長男ヤンの恋人コニーの妹のエファという女子高生から、「結婚を前提として付き合ってほしい」と初対面で言われたことがある。海外生活で…

ドイツで鉄道、地下鉄、トラムに乗るときに注意すること(1)

ドイツとその周辺国を鉄道で旅行する時に注意するべきことを、このブログ記事にまとめて書いてみた。重要なのは鉄道に乗る時には、必ず周りの乗客と乗務員に挨拶しないといけないこと。ドイツなどで鉄道に乗る時には改札口はなくて、抜き打ちの検札が車内を…